08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.12/18(Wed)

同じようにはできんのよ

どんだけ忘年会に力を注いどるんか(-_-;)って感じですが。

ビーチダイジェストの他に、その年参加した試合の映像(うちに残ってるチーム分)を、全部入れると忘年会が終わらなくなるので1セットずつとかにして。
それをまとめる作業をコツコツと。

これを流す頃にはお酒も進んで、そうそう一生懸命見る人はいないかもしれないんですけどね。
中には、その試合は頑張った!!と思って振り返る人もいるかもだけど…
申し訳ない事に、基本負け試合ばかりを入れてます(^_^;)

負けても次に繋がるいい内容もあるんだけど、サクッと負けて、なんじゃそりゃヽ(`Д´)ノみたいなのあったり。
ま、そういうのを野次りながら観るのも楽しいかな。

で。
色んなDVDやブルーレイを見てて、2002年の練習DVDが出て来ました。

2002年なんて、まだビデオテープの時代。
なので、それをダビングしたんでしょうね。
画質悪し。

ダビングした覚えがないので、しばらく見入ってしまった。
2002年。
若い(^_^;)

病んで3年目の頃と言えば、色々○○恐怖症的な事があって。
試合も本当は怖くてたまらんかったんですよね。

人の視線が怖かったので、常に私は『練習でピークを迎えて本番で怖気づくアタッカー』みたいな感じでした。

そう。
当時はまだ足が元気だったので、アタッカーでしたよ。

トスを上げるのも、レシーブするのも苦手。
たぶんビーチを始めた人のほとんどがそうだと思うけど、最初はアタック打つのが楽しいです。
私は身長はあるし左利きという事で、スポーツ経験は皆無に等しいにも関わらず、すぐにアタッカーポジションに。

当時は商工会のチームに所属してて、本当ひたすらアタック打つのが楽しいヽ(´∀`)ノってだけでやってた気がします。

2002年3月にBeach Hipsができて、そこでもしばらくはアタッカー。
映像の中の私は随分と細く(恐ろしや~)、怖いもの知らずみたいにガツガツ打ってます。

ただし、これが試合になると話は別…_| ̄|○…
一気にヘナチョコに。

なんで2002年物は練習だけがDVDにダビングしてあるんだろう?と思いながら、画質の悪い画面をしばらく眺めました。

今はもう年も取ったし、足も悪いし。
アタッカーから退いて何年も経つ。

ただ、毎年この時期だけは『二番位置セッター選手権』と題して、いつもは固定されてるポジションのメンバーも、全部をこなす練習。
密かに私は楽しみにしてます。

他のメンバーには迷惑かけるんだけど、後ろを守ったりアタッカーなんて試合ではできんからね~(^_^;)
ええ勉強になります。

映像見てると、当時も後ろは苦手だったので、かなーり下手くそ…_| ̄|○…
でも足が元気だったのと若かったのとで、今より俄然無茶ができてる。

もう同じようにはできないし、病んだ時に『今までと同じようにはできない事』を受け止めるのに、時間はかかったけど受け止めた気でいました。←ビーチ以外もね


でも周りを見ると、故障をしても頑張ってる人は多くいるし、今の私じゃここまでしかできない。と自分で決めつけてないかなー?と悶々。

実は横移動は足に良くないと言われてるにも関わらず、セッターしかできないから、と前に居座り続けて。
その結果、いつも試合の時には他メンバーにばかり審判を頼ってしまう始末。←心苦しい

最近の二番セッター選手権、筋肉痛にはなるけど、足の痛みがないと言う…
横移動が減っただけで、こんなに違うんー?と、少々ビックリ。
トレーナーの意見はホンマなんだなあ~。←信じてなかったわけではないんだが(^_^;)


同じようにはできんでも、昔に元気をもらった気分です。
あの頃、色々しんどかった。
それでもすごく楽しそうで、改めて周りに助けられてたなあと。

Hips結成から11年。
初期メンバーと、途中加入メンバーと。
そこそこに温度差はあっても、一緒に長く続けられるといいなと思う。

みんなで笑って、チョビちゃん家が作ってくれたビスコみたいに『おいしくてつよくなる』になれたらいいなあ。

131218_173414.jpg
スポンサーサイト
18:30  |  日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。